再募金目標金額 8400万円

ご報告

☆両親より解散のご挨拶を掲載致しました。(3/25)

                                     2016年3月25日  

  

  

  いつもひなちゃんを温かく見守って頂き、ありがとうございます。

  ひなちゃんの退院記者会見から3年が経過いたしました。

  ひなちゃんは今のところ、日々穏やかに過ごしております。

  定期健診においての容態も安定してまいりましたので、「ひなちゃんを救う会」は

  平成28年3月末日をもって解散させて頂きます。

  余剰金につきましては、今後、渡航移植をされる患者さんや移植医療のために

  役立てて頂きたく、「移植サポート基金」に寄付させて頂きます。

  収支につきましては会計報告を掲載致しましたので、ご確認頂ければと思います。

  これまで大勢の方々に温かいご支援・ご協力を賜りましたこと、心より厚く御礼申し上げます。

  これからも今まで同様、ひなちゃんを温かく見守って頂ければ幸いです。

 

                                 ひなちゃんを救う会

                                 代表 濱岡 公子

ご報告

                                  2013年2月25日

 

本日ひなちゃんの退院の報告と御礼の記者会見を川崎市役所にて行いました。

昨年の記者会見から約11か月、こんなに早く退院の日が迎えられましたことは、ひとえに多くの方々の温かいご支援・ご協力のお蔭と心より感謝申し上げます。

 

                         ひなちゃんを救う会

                         代表 濱岡 公子   

新年のご挨拶

                                    2013年1月7日

 

新年明けましておめでとうございます。

旧年中は多くの皆様に大変お世話になり、ありがとうございました。

本年も陽菜ちゃんのことを温かく見守っていただけますよう、どうぞよろしくお願い致します。

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りい申し上げます。

 

                                  ひなちゃんを救う会

                                  代表 濱岡 公子

 

ご挨拶

20121228

 

2012年も残り僅かとなりました。

本年は陽菜ちゃんの心臓移植の為の募金活動におきまして、多くの皆様の甚大なるご支援・ご協力を賜りましたこと、心から厚く御礼申し上げます。

また、ドナーとなられた方のご冥福を心よりお祈りいたしますと同時に、ご家族の方々へ深く感謝致します。

おかげ様で移植手術を受けてから半年が過ぎ、陽菜ちゃんも徐々にではありますが日々前進しており、無事に年を越すことが出来そうです。

陽菜ちゃんが一日も早く退院して、元気な姿を皆様にご報告できる様、これからも支えていきたいと思っております。

今後とも陽菜ちゃんの事を温かく見守っていただければ幸いです。

本当にどうもありがとうございました。

 

 

ひなちゃんを救う会

代表 濱岡 公子

事務所閉鎖のお知らせ

平成24年11月30日(金)をもちまして、経費節減の為「ひなちゃんを救う会」の事務所を閉鎖させて頂きます。

皆様からの多大なるご支援・ご協力、心より御礼申し上げます。

尚、陽菜ちゃんの状況や会計報告等につきましては、今後も引き続きHPにてご報告させて頂きます。

 

今後のお問い合わせにつきましては、下記にお願い致します。

「ひなちゃんを救う会 事務局」

電話 080-4864-1844  Mail:sukuukai222@gmail.com

また、誠に恐縮ながら、活動の縮小に伴い、お問い合わせにはすぐにはご回答できない場合がございます。

あらかじめご了承下さい。

ご報告

この度、募金目標額を達成することが出来ましたので、再募金活動を終了致しますことをご報告申し上げます。

つきましては、募金箱はすべて回収をさせていただきますので、ご協力をお願い致します。

 長い間、皆様の温かいご支援・ご協力を頂きましたこと、心より感謝致しております。

 今後とも、ひなちゃんを温かく見守っていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

 

ひなちゃんを救う会

代表 濱岡 公子

 

 

現在までの募金額 137,770,548

                (3月29日現在)                     

             内 訳

              振 込       135,771,164円 

                                                 なつくんを救う会より  $800,000(前回の$300,000を含む)

                              (62,596,000円)

                   洋くんを救う会より   25,000,000円

                  よしきくんを救う会より  42,713,762円

                               (US$68,029.12を含む)

 

                            のご支援を頂きました。

                  ご協力、心より感謝申し上げます。

                            

                                       街頭募金                 1,375,136円

               募金箱                   624,248円   

          

 皆様のあたたかいご支援に感謝いたします。

ご報告

本日、陽菜ちゃんと母親が無事に帰国し、都内の大学病院に入院致しました。

これから長期的な治療・リハビリが始まりますが、元気そうな顔を見てホッとしました。

再募金活動も目標額達成まで続けてまいります。

今後とも、陽菜ちゃんが退院できるまで温かく見守っていただければ幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。

 

                            ひなちゃんを救う会

                            代表 濱岡 公子

 

お知らせ

陽菜ちゃんの帰国日を9月2日(日)とお知らせ致しましたが、アメリカでハリケーン発生の為、主治医の先生方の協議の結果、まずは安全第一ということで2日延期し、9月4日(火)に変更になりました。

無事帰国いたしましたら、又ご報告させていただきます。

 

                           ひなちゃんを救う会

                           代表 濱岡 公子

 

 

ご 報 告

6月24日にアメリカにて心臓移植手術を受けてから約2か月間、ICU(集中治療室)で回復に向け治療、リハビリ等を続けてまいりましたが、この度、主治医の先生から帰国の許可を頂き、92()に帰国することが決定致しましたのでご報告させて頂きます。。

 まだまだ、長期的に治療・リハビリが必要な状態ですが、このままでは医療費等が高額になるなどの面への配慮から、主治医の先生方の判断で、急遽帰国が決定致しました。

 帰国後は再び都内の大学病院に入院し、治療を続けることになっております。

 再募金活動の方も、目標額達成まで続けてまいります。

 今後とも、温かく見守っていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

 

ひなちゃんを救う会

代表 濱岡 公子

 

 

近況報告    2012827

 

 いつも陽菜を応援して頂き、ありがとうございます。前回の近況報告から時間が空いてしまい、大変申し訳ございません。

 その後もICUでの治療が続いております。

 移植後、バイオプシー(心筋生検)で拒絶反応を調べる検査が2回行われましたが、いずれも「拒絶反応なし」との結果でホッとしております。心臓の動きもよく、安定しています。

  また、一旦食事が始まったのですが、嘔吐してしまうことが多く、今は鼻からチューブを入れて栄養を取っています。

 心臓は落ち着いているため、日本に帰国して治療を継続していくことになりました。

 このような状態ではありますが、こうして帰国の日を迎えられることがとても嬉しく、ありがたく思います。

 これからも救っていただいた命を大切にし、陽菜にはドナーの方の分まで精一杯、貴重な毎日を大事に生きてほしいと願っています。

 日本で活動しておられる救う会の皆様をはじめ、応援頂いている皆様、そして、日本の主治医の先生方、アーカンソー小児病院の皆様、アメリカでお世話になったたくさんの方々、ありがとうございます。本当にたくさんの方に助けていただきました。心から感謝しています。

 どうか今後とも、陽菜を温かく見守っていただけたらと思います。

 

                                           母 亜都砂

 

ご 報 告

 2012年8月1日

 

624()に無事に心臓移植手術が終わってから、1か月が過ぎました。

今は、人工呼吸器も外れ、リハビリも始めてと少しずつですが前進しています。

しかしながら、渡米した翌日に一時心肺停止に陥ったことや、移植手術後もしばらく人工心肺装置が必要な状態にあったことなども含め、集中治療室での治療期間が予想以上に長くなってしまいました。その結果治療費が不足の状態に陥り、個人では負担することのできない金額が再度必要となってしまいました。

皆様に再びお願い申し上げることは甚だ心苦しい限りですが、「ひなちゃんを救う会」では募金活動を再開させていただくことに致しました。

再募金目標金額は、不足分の治療費及び今後必要な治療費を考慮し、8,400万円と致しました。

今までたくさんの皆様にご支援・ご協力いただいた上、さらなる募金再開をお願い致しますことに対し、何卒ご理解をお願い申し上げます。

1回目の再募金活動は、85()午前11時より溝口駅キラリデッキにて行う予定です。

今後とも陽菜ちゃんのことを温かく見守っていただければ幸いに存じます。

 

 

ひなちゃんを救う会

代表 濱岡 公子

事務局移転のお知らせ

「ひなちゃんを救う会」事務局を8月1日より下記住所に移転致しました。

 

 〒213-0011

 川崎市高津区久本3-9-6 リンクスビル102号

 

 電話番号およびFAX番号は変更ありません。

 よろしくお願い致します。

 

 

 

 

募金目標金額 8800万円

 

          目標金額を達成致しました。

          ご支援・ご協力ありがとうございました。

ご報告

近況報告 2012年7月21日
 
いつも陽菜を応援してくださってありがとうございます。
まだICUでの治療中ですが、移植後の体調は少しずつ安定してきております。前回の近況報告の翌日に人工呼吸器を外すことができました。陽菜もとても喜んでいました。しかしそれまで1か月以上ものあいだ人工呼吸器を付けていたため、すぐには飲んだり、食べたりはできず、毎日のどが渇いたと訴えている状況です。DVDを見たりして気を紛らわせていますが、もうしばらくの辛抱と思っています。
体も筋力が落ちてしまっていますので、足を伸ばしたりベッドを起こして座る練習をしています。本人の意欲はあって早く歩けるようになりたいと言っておりますが、少しリハビリをすると疲れてすぐに眠ってしまう状況です。今は体力の回復を待ちながら、少しずつリハビリを頑張っているところです。
一歩ずつですが進んでいますので、しっかりと頑張っている陽菜を支えていきます。
今後とも陽菜を温かく見守っていただけたら幸いと思います。
 
                       母 亜都砂

ご報告

母親からの近況報告が届きましたので、お知らせ致します。
近況報告
2012.7月11日
 
 いつも陽菜を応援して頂きましてありがとうございます。なかなか近況報告ができず申し訳ありません。
 移植後も続けられていたECMOを7月2日に外すことができ、その後も状態は落ち着いております。しかし人工呼吸器を外すにはもう少しだけ時間がかかりそうです。
 陽菜はここのところ麻酔の量がだんだん減ってきているので、目を覚ますと、呼吸器を外してほしい、お水が飲みたい、起き上がりたいと訴えています。が、しばらくするとまたウトウトと眠って...を繰り返しています。
 
 
手術前はずっと白っぽかった陽菜の頬が
移植後はピンク色なので、熱があるのではと心配になり看護師さんに尋ねたところ、血行が良いためでありで心配ないと言われました。改めてドナーの方、ドナーのご家族の方に感謝の気持ちでいっぱいになりました。
 
 もうしばらくはICUでの治療が続きそうで、まだ油断はできませんが一歩ずつ陽菜は頑張って元気になろうとしています。
 
 今、ここに陽菜が生きている、その有難さを深く心に受け止め、支えて頂いているすべての皆様に毎日感謝しています。本当にありがとうございます。今後ともどうか陽菜の事を温かく見守っていただければと思います。
 
 
                                 母  亜都砂

ご 報 告

陽菜ちゃんが渡米し、616日に近況報告をしてから10日が過ぎました。

624日にドナーが現れ、翌25日に移植手術を受けたとの連絡がありましたので、お知らせいたします。

 

近況報告                                  

2012626

陽菜を応援してくださっている皆様、ご心配をおかけしております。
6
24日(日)に心臓移植手術を行い、無事に終わりましたことをご報告いたします。

6
14日にECMOは外せましたが、その後も人工呼吸器を付けたままの重篤な状態で心臓移植を待っていました。こちらに来てから17日目の(現地時刻)624日午後1時過ぎに、ドナーの方が現れたとの連絡を受けました。

11日を何とか乗り越えてきた陽菜にとっても、また傍で心細く見守ることしかできなかった私にとっても、大きな希望を与えていただきました。
術前の様々な検査を行い、午後8時過ぎに手術室に入るのを見送りました。
(現地時刻)翌25日朝3時頃手術が終了し、陽菜と対面できたのは朝6 時でした。
手術は無事成功しましたが、ECMOによるサポートも必要と判断され、再び装着状態となっています。
このように、まだまだ心配な状況ではありますが、陽菜は必ず乗り越えてくれると信じています。

陽菜の命を繋いでくださった尊いドナーの方、そして決断してくださったドナーのご家族の方に心から感謝いたします。

今日の日を忘れることなく、大切な命を守り続けたいと思います。
そして日本でご支援、ご協力してくださった皆様、救う会の皆様、ボランティアの皆様、アーカンソー小児病院の皆様、日本の主治医の先生方、スタッフの皆様、たくさんの皆様のおかげでこの日を迎えることができました。本当にありがとうございました。

また落ち着きましたら、近況報告をさせていただきたいと思っております。今後とも温かく見守っていただけたらと思います

                                                 

                                                         母 亜都砂

 

 

まだ心配な状況ではありますが、新たな情報が入り次第、順次ご報告させて頂きます。

又、「救う会」一同、ドナーとなられた方のご冥福を心からお祈りし、ご家族の方々には深く深く感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

ひなちゃんを救う会

代表 濱岡 公子

ご 報 告

陽菜ちゃんが渡米し、アーカンソー小児病院へ無事に到着したとのご報告をしてから10日が過ぎました。その間、現地との電話やパソコンが上手くつながらず、状況が分からないのでハラハラしておりましたが、やっと近況報告が届きましたのでお知らせいたします。

ご報告が遅れご心配おかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。

 

近況報告 

2012616

 

 ご報告が遅れまして大変申し訳ありません。現地時間の67日正午過ぎに、無事アーカンソー小児病院に到着しました。移送中も日本から同行された医療チームの皆さんが細心の注意を払い治療を続け、無事に到着することができました。

到着後すぐに様々な検査が行われ翌日には移植待機リストの上位に載りました。しかしその夜、22時頃不整脈が出て、心肺停止状態になりました。すぐに蘇生をして頂き、体外膜型酸素付加装置(ECMO)、人工呼吸器につながれ、一命を取り留めることができました。これも、アーカンソー小児病院のスタッフと日本から同行していただいた医療チームの皆様の迅速な対応のおかげです。

その後何とか状態を維持し、14日にECMOを一旦外せることになりました。重篤な状態が続いてはおりますが、ここまで命を繋いできた陽菜の生命力を信じ、私も不安は尽きませんが乗り越えたいと思っています。

ご報告が遅れまして、応援してくださっている皆様には大変ご心配をおかけしましたことをお許しください。

 

                                                  母  亜都砂

 

 

しかし、今後も予断を許さない重篤な状態ですので、「救う会」一同、毎日を祈るような気持ちで過ごしております。

 今後の状況は分かり次第お知らせいたしますので、陽菜ちゃんの事を温かく見守って頂ければ、幸いに思います。

 どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

ひなちゃんを救う会

代表 濱岡 公子

  

 

6月8日、目標額を達成することができました。                 多くの方々の温かいご支援・ご協力、心より感謝申し上げます。

  現在までの募金額 92,226,647円(7月31日現在)                     

                内 訳

                振 込    78,571,742円 (自己資金を含みます)

                                           にしたになおやくんを救う会より                  1,000,000円

                 いつろうくんを救う会より                    5,000,000円

                                           さくらユニバーサル(アシノ エル様 イノウエ ミオ様)より

                                               10,000,000円

                 洋くんを救う会より                         5,000,000円 

                                 のご支援を頂きました。                      

                     ご協力、心より感謝申し上げます。

                 街頭募金                            10,566,111円

                 募金箱                               3,088,794円 

          

 皆様のあたたかいご支援に感謝いたします。

   ひなちゃんを救う会では、個人宅への個別の募金活動は行っておりません。ご注意下さい!       

はまさきひなちゃんを救う会のホームページです

神奈川県川崎市の浜崎陽菜(ひな)ちゃん(7歳)は、冠動脈低形成が原因の重症心不全のため現在、東京都内の大学病院に入院治療中です。
心不全発症以来2年以上、可能な限りの治療をしてきましたが、心機能は徐々に低下してきています。
延命治療は心臓移植しか方法がなく、常に生命の危険があり、早急な移植が必要です。
現在日本でも2010年7月よりこどもの臓器移植が法律上可能になりました。しかし陽菜ちゃんには日本国内でドナーを待つ時間がありません。
幸いにも病院の先生方のご尽力により、アメリカのアーカンソー小児病院で受け入れていただけることに決まりました。
しかし海外で移植手術を受けるには、渡航費、手術費、滞在治療費など個人では負担できない莫大な費用がかかります。そこで私たちは大勢の皆様にご支援を賜るように「ひなちゃんを救う会」を結成し、募金活動を始めることとしました。陽菜ちゃんを救うために、皆様のあたたかいご支援、ご協力をお願いいたします。

※冠動脈低形成は、冠動脈(心筋に酸素を送る重要な血管)の形成不全で、稀な疾患であり、突然死も起こりうる予後不良な疾患です

募金のお振込先

※ゆうちょ銀行に他行からお振込いただく場合は以下の通りになりますので、お願いいたします。

(店名)〇二八(読み ゼロニハチ)

(店番)028 (預金種目)普通預金 (口座番号)5803675

 

ご案内が遅れまして、ご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。

 金融機関名・支店名    口座番号           口座名

みずほ銀行 溝ノ口支店  普通2504238      ヒナチャンオスクウカイ

横浜銀行 溝口支店    普通6045148      ヒナチャンヲスクウカイ

川崎信用金庫 高津支店  普通1136407      ヒナチャンヲスクウカイ

ゆうちょ銀行       記号10290 番号58036751  ヒナチャンヲスクウカイ

 

海外からの送金について

ご案内遅くなりまして、大変ご迷惑をお掛けしました。海外からの募金につきましては、

横浜銀行溝口支店に送金願います。なお、手数料等につきましては、海外での各銀行や金額によっても異なります事をご了承願います。

 

海外から送金時に必要な項目

※銀行名 THE BANK OF YOKOHAMA LTD.

     MIZONOKUCHI BRANCH

※住所  1-11-3 MIZONOKUCHI TAKATSU-KU

     KAWASAKI CITY 213-0001 JAPAN

※SWIFT ADDRESS:HAMAJPJT

 

※銀行コード:0138

 

※受取人口座番号:Account No.825-6045148

 

※受取人口座名義:HINACHAN  WO  SUKUUKAI